other

設計ガイドライン FOR ダイカスト


ダイカストは、高精度で寸法安定性のある金属部品を作成するために最も広く使用されているソリューションです。ダイカストプロセスは、主にプロセス制御と最適化されたパラメータに依存して、製造された部品に欠陥がないことを保証します。そして 仕様に合わせて作られました。 金属ダイカスト操作の優れた設計を保証するためのもう1つのソリューションは、 製造可能性 に準拠することです。 (DFM) ガイドライン。 プレミアムパーツは、すべてのクライアントがより良いパーツを作成して成功を高め、リードタイムを短縮し、 機能性を高めるのに役立つ最高の設計ガイドラインをまとめました。 これ この記事では、ダイカストの設計ガイドラインを要約し、リブやフィレットなどの支持構造の使用について触れています。


• リブ

リブは、 厚さを増やさずに鋳造の強度を増すために使用されます。 肋骨 すべき 半径とフィレットとブレンドする どこ 断面の急激な変化を防ぎ、ダイの充填を改善し、応力集中を減らし、鋭い角をなくすことができます。リブのデザインの最良のタイプは、 それら のように、浅く、丸みを帯びており、十分な間隔があります。排出時に鋳造物を歪ませる可能性が低い from ダイ。

リブはしばしば鋳物に強度を追加します より 固体 材料。 これ は なぜなら リブ を使用すると、多孔性のリスクが低くなります。 彼ら エジェクタピンの 位置も強化します。 いつ 肋骨を設計するときは、 どこ の点で厚い部分を避けてください。リブは交差します。これは収縮につながる可能性があるためです 多孔性

Rib design guideline

• 壁

いつ 鋳造用の部品を設計し、 部品 の均一性を維持するようにします。壁 厚さ。 ダイカストは、薄い壁の部品を作成できる数少ない金属製造ソリューションの1つです。これを利用し、壁を薄くして、コストを節約し、冷却時間を短縮し、材料の使用量を削減するようにしてください。壁の厚さを部品の用途に合わせて、壁を不必要に厚くしないように努めてください。

ダイカストの最小肉厚は1mmですが、断面積や部品によってはさらに必要になる場合があります 用途

Min wall thickness required

• 鋭い角

鋭い角と鋭い角度はあなたの デザインに悪いです。 鋭角になると、ホットスポット、冷却速度の違いなどの冷却の問題が発生し、その結果、歪みの欠陥やチームの収縮が発生する可能性があります。 いつ キャスティングを設計するときは、 これら のように、パーティングラインに垂直な方向に突き出る長く鋭いコーナーを避けてください。 spalled になる可能性があります エッジ。 代わりに、フィレットと外部半径を使用してください (カバー 下) 設計において、材料の流れを強化し、応力集中を減らし、 欠陥を回避します。

Use external radius to advoid the sharp corners

• 半径 / フィレット

上で説明したように、半径と切り身は すべき 鋭い コーナー で発生する弱点を防ぐために使用されます。 あなた 特に場所 場所 では、デザインの鋭い角を避ける必要があります。パーツ デザイン の断面積が急激に変化します。最小のフィレットでも、鋳物はかなりの強度を獲得し、 張力を減らすことができます。 最小で、半径 0.4mm 鋭い エッジの代わりに推奨されます。 半径は大きくすることができます どこ 許可されていますが、 0.8mm に制限できますもし 彼ら 目立たないようにします。

内側の端 すべき 少なくとも パーツ を含むフィレットを使用します厚さ、少なくとも内部半径に部品の厚さを加えたものである外部半径が 推奨されます。 つまり、 Rext = リント + 厚さ。

フィレットと半径を追加すると、金属の流れが改善され、金型のコストが削減され、 パーツに適用される仕上げサービスの耐久性が向上します。

どこ 外部コーナー できません 半径 (Rext = 0)を持ち、内部半径 Rint を維持します。 1から 1.25 以内 壁の厚さの倍。 ティージャンクションのある部品では、半径を少なくともフィーチャーの厚さと等しくしますが、 以下 にします。 1.25 厚さ。

Radii and Fillets design

どこ r = 外半径、r = 内部半径とt = 厚さ


• 厚い / 重い セクション

厚い / 重い をコアリングすることにより、部品の製造に必要な金属材料の量を減らします。 セクション。 部品の製造に必要な金属が多いほど、ダイの充填にかかる時間が長くなり、冷却時間、鋳造サイクル、および部品全体のコストが長くなります。

あなた 厚い / 重い を減らすこともできます リブでサポートされるポケットまたはより薄いセクションを設計することによるセクション。 コア ' に注意してくださいポケットの配置が悪いと、サイズと位置に一貫性がなくなり、 不均一 になる可能性があります。 収縮。

To advoid the thick section design

• ドラフト角度

ドラフト角度は、キャビティ側面のわずかなテーパーであり、 鋳造 を容易にします。排出 から ダイ。 ドラフト角度は、エジェクタピンが鋳造物を押し出すのに役立ちます。ドラフトがない場合、排出に影響を与えたり、 部品に外観上の欠陥や歪みを引き起こしたりする可能性があります。少なくとも、ドラフト角度を2 度に保ちます。

Draft added for die casting

• パーティングライン

パーティングラインは where のラインです。ダイの2つの部分 交差します。 いつ キャスティングを設計するときは、パーティングラインが 可能な限りまっすぐであることを確認してください。 ダイのパーティングラインを配置する前に、パーツの形状、アンダーカット、ドラフト、フラッシュ、およびドローを検討してください。


• テキストとレタリング

ダイカストのレタリング、番号、商標、説明書、印刷物、およびマーキングはすべて、ダイの構造と取り外しを容易にするように設計する必要があります。 から デザインの観点、テキストまたはレタリング すべき デザインを にカットするのが簡単なので、上げるダイ表面 より 鋳造の表面に隆起したデザインを作ります。 経験則として、 Sans を使用します 以上 以上のセリフフォント20ポイント、少なくとも 0.020 インチの 厚さ。 また、平行または ほぼ平行 にある表面に彫刻を維持します。ダイパーティングへ line。

いつ 刻印されたテキストは キャスティング の上に投影されない場合があります周囲の表面に、沈めるパネルに刻印します に キャスティング 表面。 どこ 可能ですが、 彼ら のように落ち込んだテキストを避けてくださいより高価で、 時間とともに劣化します。

Text design

• クラウニング

彼ら のように、できるだけ平らな面を避けてくださいデザインまたは鋳造のみを強調する 欠陥 彼ら また、多くの 材料を消費します。 どこ やむを得ない場合は、表面の角が丸く、 「戴冠」していることを確認してください 表面の外観を改善し、材料の流れを促進し、 歪みを低減します。


• 収縮

すべての溶融金属は 冷却時に収縮します。 これ 設計者が収縮率を考慮しなければならないのはそのためです に 寸法記入 それら パーツ。 収縮率は から 変化します材料から 材料 収縮は部品の解放を助けます from ダイは外縁にあり、内部のダイセクションは通常ロックインされており、 取り外すのが困難です。 収縮の影響は、 "ドラフト 角度" を含めることで打ち消すことができます。あなたの側で、またはポイントでより大きなドラフトを使用する 場所 収縮は より可能性が高い に 起こる。

Shrinkage

• 均一な断面

均一な断面を持つことで、金属の流れと鋳造サイクルを加速できます。 いつ 部品を設計するときは、 断面に過度の変化がないことを確認してください。 どこ 鋳物の断面に変化があるはずです。気孔率と不規則な収縮を避けるために、徐々に変化させてください。可能な限り、リブを使用してブレンドします それら フィレットと外部半径を使用して、鋭い角を取り除き、 断面の変化を容易にします。

bad design

悪いデザイン

バツ 鋭いエッジ

x面取りや切り身はありません

x急激な遷移と断面積の変化

Good design

良いデザイン

✓ 移行は段階的です

✓ フィレットの使用および/ または 面取りされたエッジ

✓ 遷移セクションの長さは、 フィーチャの高さの少なくとも3倍です。


あなたのdesをアップロード ign 今!

始める準備ができているか、詳細が必要ですか? 私たちと連絡を取り、CADファイルをアップロードして、無料見積もりと 製造可能性 を入手してください。 分析。 私たち エンジニアはあなたのデザインを評価し、デザインの改善、費用対効果、そしてより良い機能性のための領域を指摘します。

最新のオファーを入手する ニュースレターを購読する
読んで、投稿を続け、購読してください。 何 を教えてください。あなた 考える

メッセージを残すにはここをクリックしてください

リクエスト 見積もり
サービスにご興味がおありでしたら、お気軽にお問い合わせください。 私たち できる限りすぐに返信します。

ホーム

サービス

連絡先